コラム

糖尿病と歯周病について

2017年12月5日 (火)

近年の研究により、糖尿病と歯周病は相関関係があることが分かってきています。

糖尿病に罹患している場合、免疫力の低下などによって、

歯周病の発症や進行を通常の2〜3倍高めると言われています。

また、歯周病治療を行うことにより、糖尿病に罹患している人の、

血糖値やHbA1cが低下したとの報告もあります。

このように歯周病と糖尿病は密接に関係しているのです。

糖尿病に罹っている人は、1度歯周病の検査をしてみることをお勧めします。

 

カテゴリー : 未分類

  • 診療のご予約・お問い合わせ 047-385-0200
  • オンライン予約 047-385-0200