コラム

歯周病と妊娠

2017年10月28日 (土)

今回は妊娠と歯周病の関係をお話ししたいと思います。

妊娠中の女性は体内のホルモンバランスに変化が現れます。
妊娠中に放出されるホルモンの種類のなかには歯周病菌の好きなホルモンも含まれるため
ブラッシングが行き届かかなかったり、親知らずなどの歯茎の中に埋まっている様な歯は
それらの歯周病菌にとって格好の良い住処となり、体調不良などで免疫力が低下したりすると、
歯肉から出血したり親知らずが腫れたりします。
また妊娠初期ではお薬などの使用も限られるので、お薬の力を利用できずに自然の治癒を
待たなくてはならない場合もあります。
親知らずを抜くのが怖いという話はよく聞きますが、
当院ではこのような理由から親知らずの抜歯をお勧めしています
また当院で実施してるPCR検査(遺伝子検査にて)
妊娠性歯肉炎の原因菌も検査することができます。

カテゴリー : 未分類

  • 診療のご予約・お問い合わせ 047-385-0200
  • オンライン予約 047-385-0200